地震では火災になるので避難訓練が必要です

地震では火災になるので避難訓練が必要です。その注意点や方法を皆さんに紹介しています。阪神大震災の経験者です。

*

東日本大震災 南三陸町の状況について

   

 

東日本大震災 南三陸町の状況について

活動は、毎年多くの人に参加いただけるようになり、少しずつですが活動の幅や顔ぶれが変わってきているのが分かるようになってきました。

参加している人からは、「この活動で、普段知りあえなかった人と知りあえて、町中のスーパーで買い物をしているときにあいさつなど交わすようになりました。

知りあいが増えるってとっても楽しいです」というお話をいただきました。

ほかには、「かご作りも楽しいけれど、みんなとの会話が楽しくて来てしまいます。

他愛もない話をして、楽しく笑って帰るので、気持ちが晴れやかになるんです」とおっしゃっていただく参加者もいます。

震災から7年が経過し、南三陸町の様子はがらりと変わってきています。

地域の人たちにとって安全が確保された高台に、続々と住居が完成し市街地の顔を見せ始めています。

一方で、2018年3月末時点で、南三陸町内に19力所の仮設住宅が残り、今年中にはすベての仮設住宅が撤去される予定になっています。

南三陸町では、急激な人口減少や高齢化の影響で、いまだ、地域コミュニティをまとめる機能が不足しているように思います。

特に高齢者の世帯では、地域内で共有される生活情報やコミュニケーションが十分に届きません。

活動を通じて、参加者同士がつながり、地域の情報やコミュニティの強化につながればと思います。

今後は、この活動が、地域の高齢者だけでなく小学生や子育て世代のお母さんたちも立ち止まっていただけるよう、工夫をしていきたいと思っています。

 

 

 - 東日本大震災 , ,